スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森山良子、デビュー45周年記念ライブでムッシュかまやつと共演

最高にうまくいったらどうなるか、どんな自分になっているか考えてみましょう。
最高のシナリオを演じるのはどんなに楽しいでしょう。どんなにワクワクするでしょう?
どんな顔をして話しているでしょう?
できれば、誰かに話してみましょう。
出来るかどうか分からない、そんなこと関係ありません。
どんな話をしているでしょう?
芳賀マンナ結婚式スピーチマニュアル


あなたのパワーは、伝染します。
あなたの言葉を聞いて楽しいし、あなたの笑顔を見て元気が出てきます。
夢を口に出して、明るい輝く未来を作って行きましょう。

 歌手の森山良子が、デビュー45周年記念アルバム発売記念プレミアムライブを、自身初の大型ライブハウス(赤坂BLITZ)で27日、行った。
【写真】“いとこ”であるムッシュかまやつと共演した森山良子
 森山は今年デビュー45周年を迎え、記念シングル「6つの来し方行く末」(7月27日発売)、記念アルバム『すべてが歌になっていった』(9月7日発売)を発表。今回のステージには、そのアルバムのレコーディングメンバーが全員が集結し、しかも曲順通り披露するという珍しいスタイルに森山も「今日は浮足立っているのか、なんだか落ち着きません。」と嬉しさを爆発させていた。

 また、東日本大震災の後、作詞家の松井五郎から突然届いた詞に、森山良子が思いを重ねて作曲したという作品「日常」を、ファンに初披露。「ささやかな日常を強く生き抜いてゆく全ての人に贈りたい」、という思いが込められた本作は、来春1月8日からスタートする柳葉敏郎主演のMBS開局60周年記念新春ドラマ特別企画『花嫁の父』(向井理、貫地谷しほりほか出演)の主題歌に起用されている。

 この日は、森山のライブを観に来ていた“いとこ”であるムッシュかまやつが、サプライズで登場。突然の登場に、森山は驚きながらも「せっかく来てくれたんだし、1曲やろうよ!」と急遽スペシャルセッションが実現し、会場からは大きな歓声があがっていた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111229-00000325-oric-musi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

さらば青島刑事!「踊る大捜査線」来年9月で15年の歴史に幕

ひょっとすると、過去の嫌な自分を手放すのは怖いことかもしれません。

自分でも気づかないうちに、自分らしい結果を自分で決めているのかもしれません。

本当のあなたが、自分らしさを大事にしようとしているのかも知れません。

あがり症克服マニュアル


今回も必ず失敗すると決まっているわけではありません。

それに、いくら考えったって、過去はとうに過ぎ去っていて変えることはできません。

自分の過去に囚われていると、今からの自分が充分に成長できなくなります。

 俳優の織田裕二(44)が主演し、ドラマ・映画で大ヒットした人気シリーズの最新作「踊る大捜査線 THE FINAL(仮題)」(本広克行監督)が、来年9月に公開されることが28日、分かった。タイトル通り、97年の連続ドラマから始まったシリーズは、今作で最後。フジテレビの亀山千広映画事業局長(55)は「スタッフ、キャストの15年分の思いが詰まった作品にしたい」と息巻いている。

 映画第2弾「踊る大捜査線THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」は、実写邦画で史上最高興収となる173・5億円。“ドンパチ”がメーンの過去の刑事ドラマとは一線を画し、警察内部の上下関係や人間模様を描き、社会現象にもなった「踊るシリーズ」が、ついに15年の歴史の幕を閉じることになった。

 突然の発表に驚きを隠せないファンも多いかもしれない。だが、実は昨年公開された映画「踊る大捜査線THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」を製作する時点で、今作での終了は決まっていた。

 亀山局長は「そろそろ区切りをつけたい思いがあった。『—3』を撮る時点で、次をやって終わりにしようと、(脚本の)君塚(良一氏)、本広(監督)とで話し、織田君や深津(絵里)ちゃんら、ドラマ時代からのレギュラー陣にも相談して決めました」。昨年7月に「—3」が公開された当日には、既に今作の最初の打ち合わせが行われていたという。

 もちろん作品は、“ファイナル”にふさわしい内容になる、と亀山局長は自信顔だ。詳細は明かされないが、「お台場でエネルギーサミットが開催されている時期に発生した、警察上層部が瓦解しそうな事件」。これまで同様、3日間に同時多発的に大小さまざまな事件が起こるストーリーとなりそうだ。

 前作「—3」では、シリーズの醍醐(だいご)味である織田演じる青島俊作刑事と柳葉敏郎(50)演じる室井慎次警視監の絡みが少なかったが、「今回はガッチリです」と亀山局長。さらに、青島と深津絵里(38)演じる恩田すみれとの恋の行方!?も描かれるという。

 15年間作品を引っ張ってきた織田は「最後と聞いて寂しい思いもありますが…。青島15年の集大成を見せられるよう頑張ります。お楽しみに!」とコメント。現在は、脚本の最終稿を仕上げている段階で、来年1月中旬にクランクインする予定となっている。

 ◆「踊る大捜査線」シリーズ 脱サラして念願の刑事となった青島(織田)。だが、現実の刑事の仕事は夢に描いていたものと違っていた。その中で、同僚の恩田(深津)や刑事の大先輩・和久平八郎(故・いかりや長介さん)、キャリア組ながら現場の味方でもある室井(柳葉敏郎)らとタッグを組み、事件に立ち向かう。警察内部の人間関係や、官僚と現場の対立を描いてヒット。恩田や和久はもちろん、北村総一朗演じる湾岸署長らの「スリーアミーゴス」など、周辺のキャラクターに特色を持たせたのも人気の要因。脇役を主人公にしたスピンオフ(派生作品)も製作された。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111229-00000010-sph-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

あれができない、これも無理など、あなたを縛る制約(枠)はすべて取っ払って、考えてみましょう。

最高の自分のために、今日できる小さな事は何か考えてみましょう!

<貫地谷しほり>新潟で大雪の中クランクアップ ドラマ「花嫁の父」に手応え

今の自分ができる・できないを決めているのは自分です。

××があれば、自分にもできていたのに。

あの時は、〇〇だっから出来なかった。

△△さえなければ、よかったのに・・・


【あがり症・解消】クイックマインドプログラム


自分以外の誰か、自分以外の環境のせいにするのは簡単です。

心の整理もつくのかも知れません。

でも、そこからは何も生まれません。自分が嫌な気持ちになるだけです。

自分から抜けだして、文句を言っている自分を外側からよーく見てみてください!

どんな気持ちになりました?


 開局60周年を記念した毎日放送(MBS)のスペシャルドラマ「花嫁の父」が、単発のスペシャル番組としては異例の10カ月にわたる撮影を終え、このほど新潟・奥只見丸山スキー場でクランクアップを迎えた。時折激しく降る雪の中、撮影を終えた主人公の娘・美音役の貫地谷しほりさんは「台本に負けない作品になっていると思っているので、すごく放送が待ち遠しいです」と自信を見せた。
【写真特集】「花嫁の父」の取材に応じた主演の柳葉敏郎さんと貫地谷しほりさん
 ドラマの主人公で、不器用だが誠実な父・里志役を演じた俳優の柳葉敏郎さんはすでに6月にオールアップを迎えており、最後の撮影は、新潟・山古志に住む美音に、恋人の丸が雪の降る中、結婚の承諾を求めに来るシーン。貫地谷さんは「本当にすてきな台本で、この作品に参加できて良かったです」とコメント。丸を演じた向井理さんも「これだけの愛情を持って、みんなのキャラクターが描かれている本は、演じる側にとっても幸せな台本だと思いました」と絶賛し、「日常生活には、ドラマだとかあったかい心がたくさんあるんだと、改めて気づかせていただきました」と振り返った。

 ドラマは、同村伝統の闘牛大会「牛の角突き」に出場する牛を育てる里志(柳葉さん)は、父・紘一郎(橋爪功さん)とともに、聴覚障害を持つ娘の美音(貫地谷さん)と住んでいる。地元の若者との縁談が破談となり、東京へ傷心旅行に向かった美音は、浅草の船宿の後継ぎで船頭をしている青年・丸(向井さん)と出会う。丸は耳の聞こえない美音のために「手話」を覚え、次第にひかれ合い、いちずな丸に求婚される美音だが、丸と結婚すると、父と離れ離れになってしまうと戸惑う。2人を見守ってきた里志はある日、浅草の丸の家を訪ね……という物語。

 脚本は、数々のNHK連続ドラマや、ドラマ「外科医有森冴子シリーズ」(日本テレビ系)を手がけたベテラン脚本家の井沢満さんが担当。井沢さん原作の小説「ゆきの、おと〜花嫁の父〜」 (講談社)も出版されている。ドラマはTBS・MBS系全国ネット(28局)で12年1月8日午後9時〜11時3分に放送される。(毎日新聞デジタル)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111228-00000003-mantan-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

愚痴をいうのをやめてみましょう。

愚痴は、自分で自分にブレーキをかけてしまいます。

あなたらしくありません。

貫地谷しおり&向井理、大雪の中でクランクアップ 「放送が待ち遠しい」

今やっていることが、この先どうなったら最高に幸せを感じるのでしょう?
どんな結果を作り出したいのでしょう?
未来をつくるのは自分自身です。
あなたは、今までの嫌な過去と関係なしに、今この瞬間から自分の望む未来を作り上げることができます。
うまく行かなかった自分の過去に縛られるのをやめましょう!


3カ月であなたが持つ本来のコミュニケーション能力を向上させ人間関係の悩みを解消する【達成のコミュニケーション能力向上バイブル】 口下手・あがり症・人見知りは関係ない!


未来をつくるのは自分自身です。
モノを手放して、考えを手放してみましょう。
手放しても、何も変わりません。
いらないモノを手放すと、本当に欲しいモノがやってきますよ!


 女優・貫地谷しほりと俳優・向井理が出演する新春ドラマ特別企画『花嫁の父』(1月8日放送、後9:00 MBS・TBS系)が、新潟県・奥只見丸山スキー場ですべての撮影を終え、このほどクランクアップした。3月に新潟・山古志から撮影をスタートさせた同作は、季節を追いながら単発のスペシャル番組としては異例の10ヶ月に及ぶ撮影を敢行。最後に撮影されたのは、雪の中を、丸(向井)が、恋人・美音(貫地谷)のもとに結婚の承諾を求めにやって来るシーンで、時折、激しく雪の降る中、撮影を終えた貫地谷は「この作品に参加出来てよかったです。すごく放送が待ち遠しい」と達成感を表した。
CMではピンクの“桜髪”になった向井理
 向井は「これだけ愛情を持って、みんなのキャラクターが描かれている脚本は、演じる側にとっても幸せだと思いました。日常生活にもドラマだとかあったかい心がたくさんあるんだと、改めて気づかせて頂きました」と感慨ひとしおの様子だった。

 同作は、MBS(毎日放送)開局60周年記念番組。美しい風景の広がる山古志と下町情緒溢れる東京・浅草を舞台に、闘牛を育てる父と聴覚障害のある娘との深い絆、恋人の青年や二人を取り巻く人々の心情をしっとりとユーモアたっぷりに描く。柳葉敏郎、余貴美子、橋爪功ほかが共演。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111227-00000350-oric-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

米倉涼子、『ナサケの女SP』で白無垢姿に 相手役の速水もこみちと誓いのキスシーンも

以前うまく出来なかったから、今回も出来なんじゃないか?

今でも、その時のことを考えると冷や汗が出てくる。

今度も失敗したら誰かに笑われんじゃないか、とても不安だ。

必ずしも、今の自分は過去の自分の延長ではありません。


テレビ朝日系コンテスト全国1位アナウンサーが教える!あがり症を克服し人前で強くなる!「話し方」パーフェクトdvd6枚セット


過去にうまくいかなかった自分を手放すことができても、今度はそんな自分を許せなくなるのかも知れません。

うまくいった新しい自分を認めてあげましょう

自分の持てるモノには限界があります。

あれも、これも一遍に同時にはできません。

 女優の米倉涼子が国税局査察官役で主演するドラマ『ナサケの女スペシャル〜国税局査察官〜』が2月4日(後9:00 テレビ朝日系)に放送される。脱税という巨悪に立ち向かってきた主人公・松平松子(米倉)が、「恋か?仕事か?」の究極の決断を迫られるストーリー。恋の相手役は俳優・速水もこみちが演じる。米倉は綿帽子に白無垢、速水は紋付袴姿をテレビで初披露し、神前で誓いの口づけを交わすシーンも。速水とは初共演だった米倉は「こんな背が高くてカッコいい人にキスされることは普段ないので、松子が思っているのか私が思っているのかわからないんですけど…、けっこうドキドキしました(笑)」と意味深なコメントを寄せている。
白無垢姿の米倉涼子と紋付袴姿の速水もこみち
 2010年10月期に放送され、平均視聴率13.9%の人気ドラマがスペシャルドラマで復活。今回は、柳葉敏郎、飯島直子、泉谷しげる、武田鉄矢ら連ドラレギュラー陣に加え、松子が対峙するくせ者の病院長役に伊東四朗、その娘で脱税の片棒を担いでいる外科医役で高岡早紀もゲスト出演。伊東は速水演じる万城野駿(まきの・はやお)の父、高岡は姉という設定で、金をかき集めるのが大好きな父、浪費癖を悪びれず金を使いまくる姉、そして金の匂いが一切しない弟という、三者三様の血縁者たちによる脱税劇が繰り広げられる。

 速水演じる駿は、離れ小島の診療所に勤務し、採算度外視で僻地医療に尽力する好青年という役どころ。米倉は速水本人に対しても「めちゃくちゃ好青年! 受け答えは年上のようで、こちらがしっかりしなくちゃという気持ちになります。チャラチャラした感じもないし」とベタ褒めだった。

 ちなみに、松子と駿が神前で誓いを交わすシーンは、千葉県館山市にある源頼朝ゆかりの洲崎神社で撮影された。150段の急階段を上った先にある拝殿からは房総の海を一望でき、その向こうに富士山を眺めることもできる絶好のロケーションだ。撮影を振り返って速水は「米倉さんの白無垢姿、本当に良く似合ってます。今回は、連続ドラマで数ヶ月ご一緒された皆さんの中に入るということで、緊張するかと思っていましたが、米倉さんが明るく引っぱってくださって、楽しく撮影することができました」と手応えを口にしていた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111226-00000324-oric-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

愚痴をいうのをやめてみましょう。

愚痴は、自分で自分にブレーキをかけてしまいます。

あなたらしくありません。

プロフィール

ダルダルちゃん

Author:ダルダルちゃん
品川で広告関係の仕事をしています。
普段感じていることを少しでも伝えればいいなぁと思っています。

ものの見方を変える(見ている世界を変える)、フォーカスを変えると新しい世界がひらけてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。