スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中畑監督“絶口調”始動!防御ネット相手に大声付き「エアノック」

小さくてもよいので、以前よりもうまくいく体験を重ねていくと、徐々に自信が付きます。

完璧を求める必要はないので、以前より進歩していれば、それで十分です。

失敗の連続は自信を喪失させ、自己評価も下げていきます。

これに対して、小さくても成功を重ねれば自己肯定ができるようになり、プレッシャーを恐れなくなります。

うまくいけば、プレッシャーを楽しめるようになります。


緊張克服プログラム【飛翔】 ハリウッドスターがこっそり行っている緊張を克服法。日本初公開のあがり症克服、緊張改善エクササイズdvd


どんなに小さくてもよいので、プレッシャーに勝つ成功体験をすると、そこから自信が生まれ、別の機会に挑むモチベーションになります。

身につけた技術と自分の力を発揮できたことを感じてください。

そうすると自信が付きます。

少しずつでもよいので、自分を信じられるようになってください。

 DeNAの中畑清監督(58)が9日、新人合同自主トレ初日に合わせて、神奈川・横須賀市内の2軍施設で自身も始動した。報道陣をシャットアウトした室内練習場では、ランニング、キャッチボールに相手不在の“エア”ノックで発声練習まで実施。体づくりはまだまだながら、気合、やる気は新人に負けてません‐。

 報道陣をシャットアウトした室内練習場から、中畑監督の気合の入った声が漏れてきた。

 「まだまだ〜。声出せ!」

 自主トレ初日から猛ノックの嵐?と思いきや、バットを手にした指揮官の相手は防御ネット。「ノックの発声練習だよ。声を出しながらやると乗ってくるんだよね」。ネット目がけて約50球を打ち込みながら、「飛び込め!」「ガンバレ!」と声を張り上げるキヨシ流の“エア”ノックでテンションを高めた。

 本格的に体を動かすのは、日本代表を率いた04年のアテネ五輪以来。発声練習は順調ながら、キャッチボールは球筋が乱れ、ランニングでは息が上がるなどブランクに苦しみ、約1時間の練習を終えると「今日は限界です」とヘトヘトに。見守った高木ヘッドからは「1時間(ノックを)打つなんて言ってるけど、今のままじゃ10分がいいとこじゃないの。ウルトラマンだよ」と短時間でのエネルギー切れを指摘されたが、気落ちしている暇はない。

 目標は2月1日の選手へのノック。「ちゃんとしたノックをできる体にしたいね。ヘタな人だと相手は乗ってくれない。コーチ時代、選手に俺のノックはイヤだって言われたから、それを脱皮したい。長嶋さんはホントにうまかったから」。地をはう打球を浴びせた大先輩のようなノッカーを目指して、2月のキャンプインまで指揮官の自主トレは続く。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120110-00000015-dal-base
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ダルダルちゃん

Author:ダルダルちゃん
品川で広告関係の仕事をしています。
普段感じていることを少しでも伝えればいいなぁと思っています。

ものの見方を変える(見ている世界を変える)、フォーカスを変えると新しい世界がひらけてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。