スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DeNA中畑監督、巨人から藤井いただき!

まずは事前に、自分が緊張する場面のことを事前に思い浮かべておきましょう。

自分の意見を言う時とか、プレゼンの時など、とにかく具体的に緊張するイメージを膨らませてください。

それができたら、プレッシャーに押しつぶされずに実力を発揮し、見事にその場を乗り越えた想像をしてください。

その場にいる人が思い当たるようなら、その人達の表情も思い浮かべて、できるだけ細かくイメージしてみましょう。

続いて、プレッシャーに弱い自分が失敗するところを想像してください。

終わったら、どこが違うかを比較してみましょう。

あがり症克服マニュアル


プレッシャーに勝つ経験を続けていけば、自信も実力も付いていきます。

大事な場面にも臆すること無く、色々なチャンスを得ることも可能になるでしょう。

そして、そこでうまくいった体験が、また次の成功を呼び込んでくれるようになるのです。

最初の一歩を踏み出すのは怖いかもしれませんが、誰しも最初から自信満々なわけではありません。

ちょっとした前進でかまわないので、今までと変わってみましょう。

 遠慮なく、いただきます−。DeNAは11日、フリーエージェント(FA)で巨人に移籍した村田修一内野手(31)の人的補償として、藤井秀悟投手(34)を獲得すると発表した。就任とともに「打倒・巨人」を高らかに宣言した中畑清監督(58)にとって、通算70勝の先発左腕の“強奪”は、この上ない追い風。さっそく巨人キラーに指名した。

 DeNAにとっては待望の先発左腕、巨人キラーの到来だ。この日、横浜市内でスタッフミーティングを行い、村田の人的補償として藤井の獲得を決めた中畑監督。思わず声を弾ませた。

 「“巨人キラー”の異名の通り、うちのチームでもぜひ、そうなって欲しい。とにかく巨人と熱い試合がしたいね!」

 ヤクルト時代の2001年には14勝をあげて最多勝を獲得し、日本ハム、巨人で通算70勝(69敗)。特に巨人戦に強いことで知られ、通算42試合で13勝(15敗)。01年には10試合に登板して5勝3敗。巨人戦で光りを放ってきた実績が、獲得の決め手になった。

 昨年、横浜のチーム防御率3・87は12球団最下位で、投手力の弱さがそのままチームの成績に反映された。FAで巨人へ移籍した村田の補償として、金銭でも求めることができるが、中畑監督は迷わず人的補償を選択。即戦力の投手の獲得を目指した。巨人が28人のプロテクト枠から外した獲得可能選手リストの中から選んだのが、左腕の藤井だった。

 「最も欲しかったのは左投手で、先発ができ、長いイニングを投げられる可能性があるということで藤井投手に決めた。ヤクルト時代から特に巨人に強く、実績ある選手ですからね」と高田GMは力説した。

 藤井の獲得に躍り上がったのが、中畑監督だ。巨人でスター街道を歩んできた指揮官が最大の目標に掲げるのは、打倒・巨人。「俺は巨人OBの中畑ではなく、DeNAの中畑。(巨人戦は)もはや決闘です。タッちゃんジャイアンツに、絶対負けたくない!!」と、闘志を燃やしている。

 今オフ、巨人に主砲・村田がFAで移籍したものの、お返しとばかりに昨年12月、巨人から4番・ラミレスを獲得。さらに正捕手として鶴岡の出戻り補強にも成功した。

 そして、3人目は藤井。通算70勝は、三浦(143勝)、清水(105勝)に続いてチーム3番目の勝ち星だ。昨季5勝で三浦と並んでチーム勝ち頭となった高崎ほか、山本省、国吉、広島から移籍したジオと先発候補はいるが、実績から藤井が先発ローテに入ることが濃厚。巨人を熟知する左腕は、貴重な情報源ともなる。

 「大補強をした巨人を倒した時の達成感が、大きな財産や自信になる」と中畑監督。昨年、わずか1試合の登板に終わった藤井が輝きを取り戻し、4年連続最下位からの脱出を目指すDeNAの救世主となる。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120112-00000000-sanspo-base
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


スポンサーサイト

中畑監督「Gキラー」期待!村田の人的補償で藤井獲得

緊張した時にプレッシャーに弱くて押しつぶされてしまう人がいれば、上手に克服して打ち勝つ人もいます。

両者の間には大きな溝があるように見え、実は、生まれついての才能や器の違いは殆どありません。

実は、ちょっとしたコツやテクニックを駆使すればプレッシャーに弱い人でも負担を軽減できるのです。

そのために必要なのは経験だけではありません。

技術的な部分も知っていればそれだけで有利になります。


1日たった15分であがり症を克服!ドキドキ、ビクビクせずにやりたいことができる方法


どんなに小さくてもよいので、プレッシャーに勝つ成功体験をすると、そこから自信が生まれ、別の機会に挑むモチベーションになります。

身につけた技術と自分の力を発揮できたことを感じてください。

そうすると自信が付きます。

少しずつでもよいので、自分を信じられるようになってください。

 中畑DeNAに「Gキラー」が加わった。DeNAは11日、フリーエージェント(FA)権を行使して巨人へ移籍した村田修一内野手(31)の人的補償として、巨人から藤井秀悟投手(34)を獲得すると発表した。ヤクルト時代の2001年に巨人から5勝を挙げるなど、かつて「巨人キラー」の異名をとった左腕に、「打倒・巨人」を掲げる中畑清監督(58)は先発ローテーション入りを期待。4年連続最下位からの脱出に、貴重な左腕が加わる。

 自然と緩んだ中畑監督の口元から熱を帯びた言葉が発せられた。待望の即戦力、先発左腕の獲得。藤井に対する期待は大きかった。

 「試合をつくれる左の先発ですから。“Gキラー”と呼ばれた期間は(日本ハムに移籍したため)短かったけど、うちでもそうなってほしい。とにかく、巨人戦は目の色を変えていくし、熱い試合をしたいんだよ」

 藤井は昨季の1軍登板は1試合に終わったものの、プロ12年間で70勝69敗、防御率3・79。ヤクルト時代の01年には巨人戦で5勝を挙げ、チームをリーグ優勝に導くと同時に、自身も14勝で最多勝のタイトルも獲得した実績がある。

 昨季、チームの先発左腕の勝利は山本、リーチ、真下、ブランドンの4投手でわずか5勝。先発右腕は前広島のジオの獲得で、三浦、高崎、国吉ら頭数はそろったが、一方で計算できる先発左腕の獲得が急務だっただけに、指揮官が手放しで喜ぶのも無理はない。

 「(巨人に)移籍した1年目はいい成績を残しているんだよな。その辺にも期待したい」。古巣・巨人に対するライバル意識も強いだけに、巨人戦通算13勝の左腕の加入は心強い。強気に内角を突く直球、打者の打ち気をそらす外の変化球など、巧みな投球術は健在だ。

 高田GMは藤井の獲得について、指揮官の意向を反映させたと説明した上で、「左投手で先発ができて、長い回を投げられる人でと考えた。ヤクルトでも日本ハムでも実績がある。はまったときは凄い投球ができる。ベテランだし経験も豊富」と評した。

 藤井は現在、自主トレでハワイに滞在中。巨人を通し「巨人軍を離れることは残念ですが、横浜という新天地で新たなチャンスをつかみ、恩返ししたい」とコメントした。

 ▼巨人・原沢敦球団代表兼GM 生まれ変わった横浜球団で投手として新たなスタートを切り、これまで以上の活躍で一緒にセ・リーグを盛り上げてほしい。

 ◆藤井 秀悟(ふじい・しゅうご)1977年(昭52)5月12日、愛媛県生まれの34歳。今治西では3年のセンバツ甲子園に出場しベスト4。早大を経て、99年ドラフト2位でヤクルト入り。2年目の01年には14勝で最多勝を獲得。チームの日本一に貢献し、ベストナインに輝いた。その後、07年オフに日本ハム、09年オフに巨人へと移籍した。1メートル75、86キロ。左投げ左打ち。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120112-00000028-spnannex-base
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


DeNA中畑監督、負けてもしゃべる!

緊張感をバネにできる人と、舞い上がってしまって本来の実力を発揮できなくなってしまう人がいます。

同じ条件でも、一方は精神集中のための材料にし、他方はただ舞い上がってしまったり思考が停止してしまうのです。

プレッシャーに強いか弱いかで、道は大きく別れます。

克服する方法を知っている人は緊張感を味方に付けて結果を残し、それによってより自信が付いて、周囲からの評価も高まります。

これに対し、苦手な人はそうした場をできるだけ避けるために経験量が増えず、やむを得ずにプレッシャーがかかると失敗して自信を喪失し、周りからも駄目な人と認識されます。

あがり症・人見知り・口下手でも"驚愕"するほど人から好かれる非常識な方法


プレッシャーに勝つ経験を続けていけば、自信も実力も付いていきます。

大事な場面にも臆すること無く、色々なチャンスを得ることも可能になるでしょう。

そして、そこでうまくいった体験が、また次の成功を呼び込んでくれるようになるのです。

最初の一歩を踏み出すのは怖いかもしれませんが、誰しも最初から自信満々なわけではありません。

ちょっとした前進でかまわないので、今までと変わってみましょう。

 負けても、しゃべりはやめません。DeNAの中畑清監督(58)が10日、「ちゃんと発信はしていきたいね」と開幕後も勝敗に左右されることなく、しゃべりを継続することを誓った。

 監督就任以来、チームの広報部長を自任して、“舌好調”トークで新生DeNAをPRしている指揮官。その発信力で、中畑DeNAは球界の中でも注目の存在となっているが、気になるのは厳しい現実に直面することもあるであろう、開幕後だ。

 「勝負の世界だし、負けが込んで話したくないと思うときもあるだろうね」。4年連続最下位に低迷したチームの今後は、決して楽観できないが「敗因をきっちりととらえることができれば」。現実を受け入れ、自ら語ることが重要と考えている。

 ただ、“貝”にはならなくても、しゃべりの強弱はつける構え。「ただでさえ、しゃべり過ぎだと思われてるし、(負けてるときは)口数が少なくなる方がいいんじゃないの」。勝てば選手をほめ上げ、負ければ自身が矢面に立つ覚悟だ。

 この日は、11日のスタッフ会議を前に、コーチ陣と横浜市内で会食。勝負の第一歩となるキャンプに向けて結束を高めた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120111-00000007-dal-base
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


中畑監督“絶口調”始動!防御ネット相手に大声付き「エアノック」

小さくてもよいので、以前よりもうまくいく体験を重ねていくと、徐々に自信が付きます。

完璧を求める必要はないので、以前より進歩していれば、それで十分です。

失敗の連続は自信を喪失させ、自己評価も下げていきます。

これに対して、小さくても成功を重ねれば自己肯定ができるようになり、プレッシャーを恐れなくなります。

うまくいけば、プレッシャーを楽しめるようになります。


緊張克服プログラム【飛翔】 ハリウッドスターがこっそり行っている緊張を克服法。日本初公開のあがり症克服、緊張改善エクササイズdvd


どんなに小さくてもよいので、プレッシャーに勝つ成功体験をすると、そこから自信が生まれ、別の機会に挑むモチベーションになります。

身につけた技術と自分の力を発揮できたことを感じてください。

そうすると自信が付きます。

少しずつでもよいので、自分を信じられるようになってください。

 DeNAの中畑清監督(58)が9日、新人合同自主トレ初日に合わせて、神奈川・横須賀市内の2軍施設で自身も始動した。報道陣をシャットアウトした室内練習場では、ランニング、キャッチボールに相手不在の“エア”ノックで発声練習まで実施。体づくりはまだまだながら、気合、やる気は新人に負けてません‐。

 報道陣をシャットアウトした室内練習場から、中畑監督の気合の入った声が漏れてきた。

 「まだまだ〜。声出せ!」

 自主トレ初日から猛ノックの嵐?と思いきや、バットを手にした指揮官の相手は防御ネット。「ノックの発声練習だよ。声を出しながらやると乗ってくるんだよね」。ネット目がけて約50球を打ち込みながら、「飛び込め!」「ガンバレ!」と声を張り上げるキヨシ流の“エア”ノックでテンションを高めた。

 本格的に体を動かすのは、日本代表を率いた04年のアテネ五輪以来。発声練習は順調ながら、キャッチボールは球筋が乱れ、ランニングでは息が上がるなどブランクに苦しみ、約1時間の練習を終えると「今日は限界です」とヘトヘトに。見守った高木ヘッドからは「1時間(ノックを)打つなんて言ってるけど、今のままじゃ10分がいいとこじゃないの。ウルトラマンだよ」と短時間でのエネルギー切れを指摘されたが、気落ちしている暇はない。

 目標は2月1日の選手へのノック。「ちゃんとしたノックをできる体にしたいね。ヘタな人だと相手は乗ってくれない。コーチ時代、選手に俺のノックはイヤだって言われたから、それを脱皮したい。長嶋さんはホントにうまかったから」。地をはう打球を浴びせた大先輩のようなノッカーを目指して、2月のキャンプインまで指揮官の自主トレは続く。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120110-00000015-dal-base
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


横浜DeNA:「てっぺん取ります」調布で中畑監督激励会

ちょっと間があきましたが、本年もよろしく願いします。

緊張した時にプレッシャーに弱くて押しつぶされてしまう人がいれば、上手に克服して打ち勝つ人もいます。

両者の間には大きな溝があるように見え、実は、生まれついての才能や器の違いは殆どありません。

実は、ちょっとしたコツやテクニックを駆使すればプレッシャーに弱い人でも負担を軽減できるのです。

そのために必要なのは経験だけではありません。

技術的な部分も知っていればそれだけで有利になります。

「超あがり症の私でもセミナー講師ができるようになったノウハウ」人前でスラスラ結果を出す人は、こっそり実践している!  人生を変えたい方におくる決定版!


細かく検証するのではなく、大雑把な印象程度でかまいません。

最後に、もう一度成功した場合のイメージを作ってください。

簡単に思い浮かべるだけでかまいませんので、1回目の時ほど丁寧でなくてけっこうです。

これで、あなたの脳内では成功のイメージが作られているはずです。

意識してほしいのは、失敗を想像した時に、最初につまづいたポイントです。

このポイントでプレッシャーに負けなければ、そのまま自信を持ってやり遂げられることが多いので、成功のイメージで描いた自分に生まれ変わったつもりになってください。

これは頭の中で成功の体験を作り出すテクニックです。

 横浜DeNAの中畑清監督が6日、地元の東京・調布市で開かれた監督就任の報告会と激励会に参加し、「この選手たち熱いぜ、このグラウンド熱いぜ、俺たちも熱く応援しようぜ、と思ってもらえる時間を提供したい」と抱負を語った。

 中畑監督は同市内に36年間住んでいる。この日は同市役所で市主催の報告会が行われるとともに、同監督が初代の「調布市宣伝大使」に任命され、ロビーの特設ステージ前に幅広い年齢層の市民が集まった。

 中畑監督は「野球界で一番旬な男です。本当に自分の人気に驚いている」などと笑いを誘いながら「子供たちが(横浜の試合を見て)プロになりたいという夢を抱いてくれたら就任した意味が出る」と話し、野球少年を舞台に上げる一こまもあった。

 続いて同市内のホテルに移動し、激励会に参加。この日が58歳の誕生日の中畑監督にケーキが用意され、「今までそんなに興味を持ってくれなかった中畑に注目してくれてありがとね。約束できるのはただ一つ。てっぺんを取ります」と意気込みを口にした。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120107-00000010-kana-base
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


プロフィール

ダルダルちゃん

Author:ダルダルちゃん
品川で広告関係の仕事をしています。
普段感じていることを少しでも伝えればいいなぁと思っています。

ものの見方を変える(見ている世界を変える)、フォーカスを変えると新しい世界がひらけてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。